九州/ 佐賀県

小城 おぎ

清らかな水とそこに棲む蛍そして美しい花々

小さな城、と書いて「おぎ」。地名から想像すれば白亜の天守閣がそびえたつ城下町という感じなんですが、残念ながら、今現在この町にはお城は在りません。でも、町を歩けば何処か城下町の雰囲気が漂って来るから不思議。これは、その昔、京都の町を模して造られたという閑静な町並みのせいなのかも知れませんね。清らかな水と、そこに棲む蛍。そして、美しい花々。この恵まれた小城の自然と、素朴な風情を旅のお土産にして欲しいのです。

小城の見どころ

清水の滝

幅13m、落差75mの滝から落ちる水は全国名水百選のひとつ。

交通 JR小城駅より タクシー15分

小城公園

3月下旬〜4月上旬には3000本の桜が一斉に花開く。さくら名所百選・日本の歴史公園百選。

交通 JR小城駅より 徒歩5分

江里山の棚田

9月下旬になると棚田の畦道は彼岸花で色鮮やか。全国農村景観百選・日本の棚田百選。

交通 JR小城駅より タクシー20分

祇園川の源氏ボタル

5月下旬〜6月上旬には、今は懐かしい源氏ボタルの乱舞。ふるさといきものの里百選。

交通 JR小城駅より タクシー8分

小城の年中行事

梅まつり

3月上旬
牛尾梅林

梅の開花時期に合わせて行われるまつりで10000本の梅の香りは、多くの人達を魅了します。

春雨まつり

4月初旬
小城公園小城市小城公民館

「春雨」は小城町出身の国文学者柴田花守が作った端唄。端唄に合わせて踊る芸子さんは優雅です。

山曳祇園

7月下旬
須賀神社

600余年の伝統をもつ須賀神社の夏祭り。三台の山鉾が町を練り歩く様子は、壮観なものです。

小城の味・ぐるめ

小城羊羹

小城を代表する日本の銘菓。自然の中で生まれた独特な肥前路の味です。

清水の鯉料理

豊富で冷たい清流によって育てられた鯉は、小城自慢の一味で、栄養満点。夏バテ防止に最適です。

小城の銘酒

おいしい水に恵まれた小城は、古くから酒造りが盛んな所。佐賀平野の最良質米で育んだふるさとの銘酒。

ご当地グルメ「マジェンバ」

小城自慢の食材を麺とよく混ぜて食べる「マジェンバ」。市内外で、各オリジナルのマジェンバを提供中。

交通
JR長崎本線久保田駅下車
車で10分
問い合わせ
小城市役所産業部 商工観光課
TEL:0952-37-6129 / FAX:0952-37-6166
URL: http://www.city.ogi.lg.jp/

▲トップへ戻る