山口/山口県
山口七夕ちょうちんまつり
■開催日/ 8月6日~7日
中世室町時代に山口を含む中国地方一円を治めていた大内氏の26代大内盛見が父母の冥福を祈るために笹竹の上に高燈籠を灯したのが、はじまりと伝えられています。それが町の家々の盆行事となり、やがて燈籠が手軽なちょうちんに変わり、笹竹には鈴なりの紅ちょうちんが灯され、町方は火のトンネルのようだといわれました。
毎年8月6日・7日の2日間、市内の商店街を中心に紅ちょうちんが灯され、人々を幽玄の世界に引き込んでいます。
開催地
山口市内パークロード、中心商店街
JR山口駅より徒歩約5分
問い合わせ
山口市ふるさとまつり実行委員会
TEL:083-932-3456
閉じる