日田/大分県
たらおさ
 日田市に古くから伝わる逸品で、タラのエラ・消化器全体を乾燥させたものをたらおさ(たらの胃の意味)と呼んでいる。江戸時代、京都との交流が盛んだった頃に、京都からたらの干し物として、棒だらが伝えられた。「盆だら」という名で親しまれ、日田近隣の地域では、江戸時代からお盆のご馳走として食べる風習が残っている。
問い合わせ
一般社団法人 日田市観光協会
TEL:0973-22-2036
閉じる