尾道/広島県
古くからの港町・尾道でも肉とともに、「おばけ」又は「おばいけ」といって、表皮の黒い部分とその下の「白皮」とよばれる脂肪層を薄く切って熱湯をかけ、流水でよく晒して酢味噌で食べる「さらし鯨」は極く一般的なたべものでした。
 「鯨羊羹」とはその鯨の白黒の皮膚の断面を再現したお菓子で、尾道を代表する銘菓となっています。
問い合わせ
(有)中屋本舗
TEL:0848-47-3070
閉じる