飯山/長野県
おあがりなして
島崎藤村が「信州第一の仏教の地」と記した飯山は、今も市街地に20余もの寺が残る城下町。ここに古くから伝わるのが「富倉そば」と「笹ずし」。つなぎにオヤマボクチ(山ゴボウ)の葉の繊維を使用することで独特の食感を生む富倉そば。笹ずしは、戦国時代に上杉謙信に贈った野戦食といわれる素朴な押しずし。市内の食事処・宿泊施設で食することができる。(写真は左から、えご・笹ずし・富倉そば・野沢菜漬・山菜天ぷら・グリーンアスパラガス・いもなます)
問い合わせ
飯山駅観光案内所
TEL:0269-62-7000
閉じる